家庭用エネルギー貯蔵および商業用エネルギー貯蔵におけるリチウム電池エネルギー貯蔵システムの用途は何ですか?

家庭用エネルギー貯蔵および商業用エネルギー貯蔵におけるリチウム電池エネルギー貯蔵システムの用途は何ですか?

概要

この記事では、参考のために、家庭用エネルギー貯蔵および商用エネルギー貯蔵におけるリチウム電池エネルギー貯蔵システムのアプリケーションを具体的に共有します。

 the safety precautions for selecting and installing battery energy storage systems

Theエネルギー貯蔵システムリチウム電池パックの特定の仕様で未使用または余剰の電気エネルギーを蓄え、使用のピーク時に抽出して使用するか、エネルギーが不足している場所に輸送して再利用します。以下は、家庭用エネルギー貯蔵および商業用エネルギー貯蔵におけるリチウム電池エネルギー貯蔵システムの応用です。

家庭用エネルギー貯蔵システム

家庭用エネルギー貯蔵システムは現在、グリッド接続された家庭用エネルギー貯蔵システムとオフグリッド家庭用エネルギー貯蔵システムの2つのタイプに分けられます。家庭用エネルギー貯蔵リチウム電池パックを使用すると、安全で信頼性が高く、持続可能なエネルギーを取得し、最終的に生活の質を向上させることができます。

家庭用エネルギー貯蔵製品は、太陽光発電のオフグリッドアプリケーションシナリオでも、太陽光発電システムが設置されていない家庭でも、家庭用エネルギー貯蔵リチウム電池パックに設置できます。

家庭用エネルギー貯蔵リチウム電池パックは、10年以上の耐用年数、モジュラー設計、複数のエネルギー貯蔵ユニットをより柔軟、シンプル、高速に並列接続でき、エネルギー貯蔵と利用率を大幅に向上させます。

1.グリッド接続された家庭用エネルギー貯蔵システム

太陽電池アレイ、グリッド接続インバーター、BMS管理システム、リチウム電池パック、AC負荷の5つの部品で構成されています。このシステムは、太陽光発電システムとエネルギー貯蔵システムの混合電源を採用しています。主電源が正常な場合、太陽光発電グリッド接続システムと主電源が負荷に電力を供給します。商用電源が遮断されると、エネルギー貯蔵システムと太陽光発電グリッド接続システムが共同で電力を供給されます。

2.オフグリッド家庭用エネルギー貯蔵システム

これは独立しており、グリッドとの電気的接続がないため、システム全体にグリッド接続されたインバーターは必要なく、太陽光発電インバーターは要件を満たすことができます。オフグリッド家庭用エネルギー貯蔵システムは、3つの動作モードに分けられます。最初のモードは、エネルギー貯蔵とユーザーの電力を提供する太陽光発電です(晴れた日)。 2番目のモードは、太陽光発電とエネルギー貯蔵バッテリーがユーザーに電気を供給することです(曇りの日)。 3番目のモードは、エネルギー貯蔵バッテリーがユーザーに電気を供給することです(夕方と雨の日)。

商用エネルギー貯蔵システム

エネルギー貯蔵技術は、新しいエネルギーアプリケーションや電力網の開発と密接に関連しており、エネルギー効率を効果的に改善し、遠隔地での電力供給の問題を解決することができます。したがって、エネルギー貯蔵技術は、太陽光発電や風力発電が主なエネルギー源となるときに解決しなければならない重要な技術であり、新エネルギーの開発においては避けられない重要なリンクです。

1.マイクログリッド

分散型電源、エネルギー貯蔵装置、エネルギー変換装置、負荷、監視および保護装置などで構成される小型の発電および配電システムは、現在、エネルギー貯蔵リチウム電池パックシステムの主な用途です。

分散型発電は、エネルギー効率が高く、汚染が少なく、信頼性が高く、設置場所が柔軟であるというメリットがありますが、同時に、出力電力の変動が大きく、制御が複雑になるなどのデメリットもあります。分散型発電のメリットを効果的に統合し、再生可能エネルギーの利用率を高め、送電網の安定性を高めるために、エネルギー貯蔵システムはエネルギー界から大きな注目を集めています。

2.新エネルギー車の充電ステーション

充電ステーションは、クリーンエネルギーを使用して電力を供給します。太陽光発電後、電気エネルギーを蓄えます。太陽光発電、エネルギー貯蔵、充電設備はマイクログリッドを形成し、需要に応じて公共グリッドとインテリジェントに相互作用し、グリッド接続とオフグリッドの2つの異なる動作モードを実現できます。

エネルギー貯蔵システムを使用すると、大電流充電中の地域の電力網への充電パイルの影響を軽減することもできます。新エネルギー車の開発は、充電インフラの構築と切り離せません。支援エネルギー貯蔵施設の設置は、地域の電力網の品質を改善し、充電ステーションのサイト選択を増やすのに役立ちます。

3.風力発電システム

グリッド運用の現実と風力発電の大規模開発の長期的なメリットを考慮すると、風力発電所の出力電力の可制御性を改善することは、現在の風力発電技術の重要な開発方向です。風力発電技術をリチウム電池エネルギー貯蔵システムに導入することで、風力発電の変動を効果的に抑制し、出力電圧を滑らかにし、電力品質を改善し、風力発電のグリッド接続動作を確保し、風力エネルギーの利用を促進することができます。

4.コミュニケーション分野

この段階で、通信バックアップ電源の分野で使用されるリチウム電池のほとんどは、リン酸鉄リチウム電池パックです。リチウム電池パックをベースにしたバックアップ電源は、屋内およびブラインドエリアのカバレッジ、第2および第3のタイプの都市電力エリア、および短期バックアップ電源で広く使用できます。高い電源の重量、容量、サイクル寿命、および倍率を必要とするシナリオ。

ビッグデータの時代には、共有ステーションや中央コンピュータ室の拡張など、スペースが限られているシナリオでも、リチウム電池のバックアップ電源を徐々に使用する必要があります。

リチウム電池は現在、家庭用エネルギー貯蔵および商業用エネルギー貯蔵に最適なソリューションであり、将来的にはより多くの分野で使用される予定です。

のプロメーカーとしてリチウム電池エネルギー貯蔵システム、経験豊富な生産チームと複数の発明特許があります。私たちは、お客様のニーズを第一に考え、製品の品質を全面的に管理します。同時に、お客様のニーズに合わせた思いやりのあるワンストップサービスと効果的なソリューションを提供します。当社のリチウム電池エネルギー貯蔵システムを購入したい場合は、すぐにご連絡ください!