リチウム電池エネルギー貯蔵システムの適用シナリオは何ですか?

リチウム電池エネルギー貯蔵システムの適用シナリオは何ですか?

概要

リチウム電池エネルギー貯蔵システムのアプリケーションについて詳しく知りたい場合は、この記事で入手できる情報をたくさん見つけることができます。

バッテリーエネルギー貯蔵システムを選択および設置するための安全上の注意

電池技術の発展とコストの急激な低下により、リチウムイオン電池パックは家庭用エネルギー貯蔵プロジェクトの主流の選択肢となり、新しい化学電池の市場シェアは95%以上に達しました。以下は、リチウム電池エネルギー貯蔵システムの4つのアプリケーションシナリオです。

1.家庭用エネルギー貯蔵

家庭用エネルギー貯蔵とは、住宅に設置されるエネルギー貯蔵システムのことです。その運転モードには、独立運転、小型風力タービン、屋上太陽光発電およびその他の再生可能エネルギー発電設備、および家庭用蓄熱設備による支援運転が含まれます。家庭用エネルギー貯蔵システムの用途には、次のものが含まれます。電気料金管理、電気料金の管理(低充電および高放電)。電源の信頼性と分散型再生可能エネルギーへのアクセス。電気自動車のエネルギー貯蔵バッテリーアプリケーションなど。

電力消費量が比較的多く、ピーク時とバレー時の電気料金の価格差が大きいため、エネルギー貯蔵システムは通常、米国の家庭で、電気料金が低い期間に電気エネルギーを貯蔵し、電力価格が高い期間にそれらを使用して、電気代を節約するという目的を達成します。

また、遠隔地や地震やハリケーンなどの自然災害の発生率が高い地域では、災害などによる頻繁な停電による不便を回避するために、家庭用リチウムイオン電池のエネルギー貯蔵システムを緊急電源として使用しています。理由。

2.太陽光発電エネルギー貯蔵

太陽光発電エネルギー貯蔵は非常に重要であり、電力曲線を滑らかにし、電力予測の精度を向上させ、太陽光発電システムの過剰配電容量を強化し、グリッドの使いやすさを向上させます。太陽光発電や太陽エネルギーの蓄電池リチウムイオン電池管理システムに適用され、製品の性能は安定しており、安全性は高いです。

太陽光発電システムのエネルギー貯蔵装置として、リチウム電池のエネルギー貯蔵効率を95%に高めることができ、太陽光発電のコストを大幅に削減できます。リチウムイオンバッテリーパックは、システムのエネルギー調整と負荷分散の両方の目的に役立ちます。太陽光発電システムから出力される電気エネルギーを化学エネルギーに変換し、電力供給が不十分な場合に使用するために保存します。

3.分散型エネルギー貯蔵システム

分散型リチウムイオン電池エネルギー貯蔵システムは、需要側の配電を最適化し、マイクログリッドの負荷調整を調整し、マイクログリッドシステムの経済的利益を改善し、ピーク電力消費とピーク発電の間の不一致を解決することができます。電力の最適なリソース割り当てを実現するために、柔軟性と迅速な応答機能を最大限に活用します。

4.マイクログリッドエネルギー貯蔵システム

マイクログリッドは、一連の負荷とマイクロエネルギーの集まりです。通常の状態ではネットワークモードで動作し、緊急の状態では独立して動作できます。リチウムイオン電池パックのエネルギー貯蔵は、マイクログリッドエネルギー貯蔵発電所の重要な部分です。

高性能のリン酸鉄リチウムリチウムイオン電池パックのエネルギー貯蔵システムは、余剰エネルギーを貯蔵し、さまざまなエネルギー源を最大限に活用するために必要なときに負荷に送ることができます。 、マイクログリッド全体で重要な役割を果たしてきました。リン酸鉄リチウム電池パックは、その優れた性能でマイクログリッドに適用され、マイクログリッドシステムの全体的な性能とさまざまなエネルギー源の利用を大幅に向上させることができます。

上記を読んだ後、リチウム電池のエネルギー貯蔵システムについてもっと知りたい場合は、私たちのニュースに引き続き注意を払ってください。

リチウム電池製品の専門メーカーとして、RENONは多くの特許を取得し、独自に開発した技術を持ち、業界をリードしています。当社は、製品の品質を総合的に管理できる専門的な品質検査システムを備えています。同時に、ユーザーの実際のニーズに応じた効果的なソリューションを策定します。当社の製品にご興味がおありでしたら、すぐにご連絡ください!