再生可能エネルギーの開発において、大規模なバッテリーエネルギー貯蔵システムはどのような課題に直面する必要がありますか?

再生可能エネルギーの開発において、大規模なバッテリーエネルギー貯蔵システムはどのような課題に直面する必要がありますか?

概要

この記事では、参考のために、クリーンエネルギーのアプリケーションと開発においてバッテリーエネルギー貯蔵システムが直面する特定の問題について説明します。

再生可能エネルギーの開発において、バッテリーエネルギー貯蔵システムが直面する

多くの国や地域は、世紀半ばまでに二酸化炭素排出量をピークにすることを目指して、カーボンニュートラルを最優先事項にしています。英国などの国々は2030年からガソリンやディーゼルの新車の販売を禁止する計画であり、中華人民共和国(中国)などの国々も発電用の石炭を再生可能エネルギーに置き換えています。

断続的な再生可能エネルギー源のエネルギー出力を増やすには、エネルギーを効率的に貯蔵し、発電やその他の目的に使用するためのバッテリーエネルギー貯蔵システムが必要です。限られた容量と高コストがバッテリーエネルギー貯蔵アプリケーションのスケールアップに対する主要な障壁でしたが、最近の技術の進歩と再生可能エネルギーとバッテリー容量のコストの低下も新しい可能性をもたらしました。

そのようなブレークスルーの1つは、再生可能エネルギー発電によって生成された大量の電力を商業的に貯蔵できる大規模なバッテリーエネルギー貯蔵システムです。

このようなシステムは、再生可能エネルギーの開発をサポートするためのより実行可能なオプションになりつつあり、火力発電やポンプ式水力発電などの従来の技術に取って代わることが期待されています。次に、再生可能エネルギーの開発において、バッテリーエネルギー貯蔵システムが将来直面するであろう課題についてお話します。

しかし、発展途上国は、グリッド接続されたバッテリーエネルギー貯蔵システムを展開する際に多くの課題に直面しています。主な課題の1つは、現在の電力法および規制では、補助サービスを提供する独立した市場プレーヤーとしてバッテリーエネルギー貯蔵プラントをサポートするには不十分であるということです。

したがって、適切な規制がないため、民間企業は、バッテリーエネルギー貯蔵プラントを建設したい場合、長い手続きを経て、充電および放電率と事業許可について政府機関と交渉する必要があるかもしれません。民間部門にとって、これは参入障壁となる可能性があります。

一時的な解決策として、一部の国や地域では、グリッドの信頼性の維持を担当する送電会社がバッテリー貯蔵プラントを運用できるようにするための関連法規制を導入しています。イタリアでは、国の送電システムを担当する独立した送電会社Ternaが、主に再生可能エネルギー発電所によって引き起こされる送電の混雑に対処するために35メガワットのバッテリー貯蔵プラントを運営しています。

大規模なバッテリーストレージシステムは、グリッドとエネルギー消費者が利用できる再生可能エネルギーのシェアを増やすことができる有望なテクノロジーです。

もう1つの大きな課題は、バッテリー技術の急速な発展です。バッテリーエネルギー貯蔵発電所は、適切なバッテリーテクノロジーを選択して、グリッドの安定性や負荷の伝達などの期待されるメリットを実現できます。いくつかの技術は高電力を生成することができますが、他の技術は大量の電気エネルギーを蓄えることができます。しかし問題は、激しい競争とバッテリー技術の急速な進歩により、今日の最高の技術が来年の最高の技術ではないかもしれないということです。

したがって、入札段階で技術を固定すると、入札評価時に潜在的に優れた技術が競合他社から失格となる可能性があります。対策の1つは、仕様を指定せずに、充放電容量や双方向効率などの性能要件を指定することです。これにより、バッテリーエネルギー貯蔵発電所プロジェクトは、適切なバッテリー技術ソリューションを逃すことなく、期待される利益を効果的に実現することができます。

3番目の課題はバッテリーのリサイクルです。バッテリーエネルギー貯蔵発電所の使用済みバッテリーは、リサイクルするか、適切に取り扱い、廃棄する必要があります。しかし、多くの発展途上国では、関連するリサイクル施設がないため、バッテリーのサプライヤーがリサイクルまたは廃棄の責任を負うことがよくあります。

バッテリーの寿命が尽きる前に破産するリスクを回避できるサプライヤーはないため、プロジェクト国は恒久的な解決策として国内のリサイクル施設を建設することが最善です。同様に、蓄電池発電所の開発を推進するためには、廃電池の環境管理も強化する必要があります。

4番目の課題は火災のリスクです。バッテリーは火災や爆発の危険があり、適切に設計された防火システムが必要です。さらに、発電所のオペレーターは、発電所の運転中にバッテリーモジュールを過充電または過放電することによる火災のリスクを減らすために、適切なバッテリー操作慣行ガイドラインを作成して遵守する必要があります。

最後の大きな課題は、バッテリーストレージシステムの操作経験が不足していることです。

また、バッテリーモジュールは変圧器などの従来の設備よりも寿命が短いため、資金源の計画や発電所所有者向けのガイドラインなど、バッテリーモジュールの交換を慎重に計画する必要があります。

化石燃料への依存を減らすには、気候変動に対する革新的な解決策が必要です。大規模なバッテリーストレージシステムは、グリッドとエネルギー消費者が利用できる再生可能エネルギーのシェアを増やすことができる有望なテクノロジーです。 RENONが設計・製造するリチウム電池エネルギー貯蔵システムは、クリーンエネルギーの開発動向に対応しています。

リチウム電池製品の経験豊富なメーカーとして、RENONは独立した研究開発能力を持ち、安全で軽量、そして長持ちするグリーンエネルギー製品をユーザーに提供することに取り組んでいます。お客様のニーズを第一に考え、常に設計計画を調整・最適化します。また、専門の製造チームと厳格な品質検査システムを備えており、製品の品質を総合的に管理することができます。関連サービスについて詳しく知りたい場合は、すぐにご連絡ください。