分散型エネルギー貯蔵システムとしてのリチウム電池の用途は何ですか?

分散型エネルギー貯蔵システムとしてのリチウム電池の用途は何ですか?

概要

リチウム電池は、エネルギー貯蔵部品としてエネルギー密度が高く寿命が長いという利点があり、幅広い用途があります。今日は、分散型エネルギー貯蔵システムとしてのリチウム電池の応用について話しましょう。

分散型エネルギー貯蔵システムとしてのリチウム電池の特定の用途

リチウム電池産業の規模は急速に拡大し、価格は急速に下落しており、分散型エネルギー貯蔵システムとしてのリチウム電池の用途は徐々に増加しています。利用可能な現在のエネルギー貯蔵コンポーネントから、リチウム電池は、特にユーザー側のエネルギー貯蔵に適しています。

高エネルギー密度や長寿命などのエネルギー貯蔵部品としてのリチウム電池の利点が徐々に現れてきています。以下は、分散型エネルギー貯蔵システムとしてのリチウム電池の具体的な用途です。

分散型エネルギー貯蔵システムは、主に電気エネルギー貯蔵ユニットとエネルギー貯蔵支援設備の2つの部分に分かれています。分散型エネルギー貯蔵システムは、エネルギー貯蔵リチウム電池の需要を促進します。

エネルギー密度が高く、動作温度範囲が広く、メモリー効果がなく、充電と放電が速く、環境にやさしいため、エネルギー貯蔵用リチウム電池は目立っており、製造コストは年々減少しています。技術レベルは向上し続けており、リチウム電池はエネルギー貯蔵市場の増加する割合を占めるでしょう。

分散型電力システムは、軽量で柔軟性があり、オンデマンドで導入され、管理が容易です。リチウム電池をエネルギー貯蔵に使用し、スペース使用率を効果的に改善し、コンピューター室の耐荷重要件を軽減し、耐用年数を延ばし、ユーザーの初期投資を節約します。

エネルギー管理システムと連携することで、電源リソースのオンデマンドスケジューリングを実現できます。無停電電源装置を確保するために、バックアップのリン酸鉄リチウムバッテリーパックから電力が供給されます。

分散型リチウム電池エネルギー貯蔵プロジェクトは、リアルタイムのデータ監視と分析、および早期警告を通じて、エネルギー貯蔵システム全体の安全で安定した効率的な運用を保証します。

分散型エネルギー貯蔵システム市場は、主に太陽光発電をサポートしています。太陽光発電や風力エネルギー貯蔵の分野では、リチウム電池の設備容量が最大の割合を占め、市場シェアは60%を超えています。

分散型エネルギー貯蔵発電所の主なアプリケーションモード

モード1:山を移動して谷を埋め、電気料金を下げる

電力需要側に分散型エネルギー貯蔵発電所を設置し、谷間の低い時間帯に電力を貯蔵し、ピーク時の電力負荷に電力を供給し、「ピーク間の価格差」を使用して、パワーユーザーの電気料金を大幅に削減します。エネルギー貯蔵発電所の建設と運営への投資を通じて、移転された電力はユーザーに0.05〜0.1元/kWhの割引を提供します。

モード2:ギャップ容量を補う

電力網の電力供給能力によって制限されるため、電力ユーザーはしばしば不十分な電力容量の問題に直面し、それが産業および商業企業の健全な運営と発展を制限します。エネルギー貯蔵発電所は需要側に建設されており、ユーザーの電力ギャップ容量を柔軟に補い、ユーザーが通常の事業を遂行したり、事業規模を拡大したりできるようにしています。

エネルギー貯蔵発電所の構成容量と運転モードは、ユーザーの実際のニーズに応じて設計され、そのメリットはユーザーと合理的に共有されます。

モード3:非常用電源+エネルギー貯蔵

外部電源が故障した場合、リチウム電池エネルギー貯蔵発電所を大容量のバックアップ電源として使用し、電力負荷に数時間電力を供給し、停電による大きな損失を回避できることがわかります。 、およびユーザーの電力消費の信頼性を効果的に向上させます。このアプリケーションモードは、ますます多くのパワーユーザーに適用されており、大きなメリットを生み出しています。

マイクログリッドと新エネルギー発電の段階的な進歩により、分散型エネルギー貯蔵システムはより広い市場を享受するでしょう。上記を読んだ後、分散型エネルギー貯蔵システムについて詳しく知りたい場合は、より包括的なソリューションについてお問い合わせください。

リチウム電池製品の専門メーカーとして、RENONは多くの特許を取得し、独自に開発した技術を持ち、業界をリードしています。当社は、製品の品質を総合的に管理できる専門的な品質検査システムを備えています。同時に、ユーザーの実際のニーズに応じた効果的なソリューションを策定します。当社の製品にご興味がおありでしたら、すぐにご連絡ください!