電力産業におけるリチウム電池エネルギー貯蔵システムの用途は何ですか?

電力産業におけるリチウム電池エネルギー貯蔵システムの用途は何ですか?

概要

リチウム電池エネルギー貯蔵システムは、かけがえのない利点があるため、電力業界で幅広いアプリケーションシナリオがあります。この記事では、主に電力業界におけるリチウム電池エネルギー貯蔵システムのアプリケーションシナリオを紹介します。

電力産業におけるリチウム電池エネルギー貯蔵システムのアプリケーションシナリオ

電気化学的エネルギー貯蔵では、 リチウムイオン電池は、その優れたエネルギー密度とサイクル性能のおかげで支配的です。電気化学エネルギー貯蔵の分野では、リチウムイオン電池と鉛蓄電池が2つの主要なエネルギー貯蔵技術です。 2018年に新たに追加された電気化学エネルギー貯蔵バッテリーの電力のうち、70-80%はリチウムイオンバッテリーです。

鉛蓄電池と比較して、リチウムイオン電池は、電池のライフサイクルが長く、電力コストが低く、エネルギー密度が高く、サイクル時間が長く、エネルギー損失と靭性が優れており、環境に優しいという利点があります。全体として、リチウム電池のエネルギー貯蔵は、電気化学エネルギー貯蔵産業の将来の発展の主要な技術的方向性を表しています。

リチウムイオン電池のエネルギー貯蔵システムには、電力業界で幅広いアプリケーションシナリオがあります。リチウムイオンエネルギー貯蔵のアプリケーションシナリオは、発電側、電力網側、ユーザー側の3つの主要なタイプに分けることができます。

発電側

エネルギー貯蔵発電所は、谷間で電力を貯蔵し、ピーク時に電力を放出して、ピーク時の電力消費時に電力ギャップを埋めることができます。再生可能エネルギーの変動性のバランスをとるためのガスと電気の建設と比較して、リチウム電池エネルギー貯蔵発電所は、建設期間が短く、投資が少なく、新しいエネルギーの消費につながる柔軟な展開があります。

送電網側

エネルギー貯蔵発電所は、応答時間が短い超大容量の「パワーバンク」のようなもので、大規模な貯蔵と電気エネルギーの迅速な放出を実現できます。エネルギー貯蔵システムは、ピークシェービング、周波数変調、バックアップなどのグリッド側の電力補助サービスに参加して、特に季節的および時間的な負荷ギャップに対してグリッドの安定した動作を保証します。

ユーザー側

産業および商業は、ユーザー側のエネルギー貯蔵プロジェクトを使用して、谷の時間帯に電力を貯蔵し、ピーク時に電力コストを削減するために使用します。特に、電気自動車の充電ステーションがエネルギー貯蔵システムと一致する場合、ピーク間の価格差を調停に使用して、エネルギー貯蔵充電ステーションまたはソーラー+エネルギー貯蔵充電ステーションの実現可能性と相乗効果を検証できます。

再生可能エネルギーの普及と応用、電力システムの複雑な電力構造、スマートグリッドの構築により、エネルギー貯蔵市場は、電力システム、特にリチウムの技術進歩と市場志向の改革に牽引されて急速に発展しました。バッテリーシステム。エネルギー貯蔵は、ユーザー側で広く使用されています。上記を読んだ後、リチウム電池のエネルギー貯蔵システムについてもっと知りたい場合は、RENONが専門的なソリューションを提供します。

リチウム電池製品の経験豊富なメーカーとして、RENONは独立した研究開発能力を持ち、安全で軽量、そして長持ちするグリーンエネルギー製品をユーザーに提供することに取り組んでいます。お客様のニーズを第一に考え、常に設計計画を調整・最適化します。また、専門の製造チームと厳格な品質検査システムを備えており、製品の品質を総合的に管理することができます。関連サービスについて詳しく知りたい場合は、すぐにご連絡ください。