電気エネルギーにおけるリン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムの用途は何ですか?

電気エネルギーにおけるリン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムの用途は何ですか?

概要

リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムは、送電網設備の利用率を向上させることができます。この記事では、電気エネルギーにおけるリン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムの応用を具体的に紹介します。

電気エネルギーにおけるリン酸鉄リチウム電池エネルギー貯蔵システムの応用

リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムは、大規模な機器プロジェクトへの投資を節約するための電力網システムソフトウェアに使用できます。送電網機器の利用率を改善し、オペレーショナルリスクを削減し、エンドユーザーのアプリケーションコストを削減します。以下は、電気エネルギーにおけるリン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムの応用です。

1.制御システム

リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムは、プログラマブルロジックコントローラー(PLC)とヒューマンマシンインターフェース(HMI)によって制御されます。 PLCシステムの重要な機能の1つは、標準化された通信入力、制御信号、およびシステムの他の部分と統合された電源を介して、エネルギー貯蔵システムの充電時間と充電速度を制御することです。

ダイヤルアップまたはインターネット経由でアクセスできます。さまざまな機能へのアクセスを制限するための複数の防御レイヤーがあり、リモート監視用にカスタマイズされたレポートおよびアラーム機能を提供します。

2.電力変換システム

電力変換システムの機能は、リン酸鉄リチウム電池を充電および放電し、ローカルグリッドの電源品質、電圧サポート、および周波数制御を改善することです。複雑で高速なアクション、マルチ象限、ダイナミックコントローラー(DSP)を備え、専用の制御アルゴリズムを備えており、デバイスの全範囲内で、つまりフルパワー吸収からフルパワー出力に周期的に出力を切り替えることができます。これは、無効電力および有効電力と無効電力の要件の任意の組み合わせに対して正常に機能します。

3.リチウム鉄バッテリースタック

スタックは、多数の単一セルで構成されています。リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムは、需要に応じて経済的に大規模な電力を貯蔵および提供することができ、メインモードは固定方式です。これは、電力およびエネルギー貯蔵容量の無段階の拡張をサポートする、長寿命、低メンテナンス、高効率のテクノロジーです。エネルギー貯蔵システムは、再生可能エネルギーの供給業者、送電網会社、およびエンドユーザーにとって特に効果的です。

4.ピークカッティングとバレーフィリング

リチウム電池のエネルギー貯蔵システムは、配電側のユーザーのピークエネルギー負荷を減らすことができます。これにより、グリッド機器の利用が促進され、エンドユーザーのニーズが満たされます。したがって、グリッド負荷率が改善されます。下のグラフは、電力消費のピーク時に電力を選択的に放出することで、大幅なエネルギー節約を実現できることを示しています。

5.スマートグリッド

スマートグリッドは、将来開発されるグリッド管理システムの重要な部分であり、リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵技術には、巨大な市場スペースがあります。

リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムは、さまざまな電源と安定した電力需要の間のバッファーとして使用されるだけではありません。また、オフグリッド発電システムソフトウェアで動作電圧と制御システム周波数を自動的に調整することもできます。上記を読んだ後、より関連性の高い情報を知りたい場合は、お問い合わせいただくことで包括的な解決策を得ることができます。

リチウム電池エネルギー貯蔵システムの専門メーカーとして、私たちはこの分野で新しい技術を開発し、豊富な生産経験を蓄積し続けています。私たちの専門的な生産チームと厳格な品質検査システムは、高品質で安全な製品をお客様に提供することができます。また、お客様のニーズに合わせて、思いやりのあるワンストップサービスを提供し、効果的なソリューションを策定することができます。当社のリチウム電池エネルギー貯蔵システムにご興味がおありでしたら、すぐにお問い合わせください!