家庭用エネルギー貯蔵システムに適したエネルギー貯蔵バッテリーを選択する方法は?

家庭用エネルギー貯蔵システムに適したエネルギー貯蔵バッテリーを選択する方法は?

概要

家庭用エネルギー貯蔵システムは、適切な種類と容量のエネルギー貯蔵バッテリーを選択することによってのみ、安定した効率的な運用を維持できます。家庭用エネルギー貯蔵システムに適したエネルギー貯蔵バッテリーを選択する方法について話しましょう。

家庭用エネルギー貯蔵システムのバッテリー容量を設計するための特定の方法

家庭用エネルギー貯蔵システムは、分散型太陽光発電と風力発電によって提供される家庭用電力供給のソリューションです。エネルギー変換と貯蔵を効果的に実現し、分散型発電と負荷の不均衡の問題を解決し、再生可能エネルギー発電を改善することができます。安定性と利用率を実現し、利用者側の「自主利用」を実現し、電力コストを節約します。

優れたバッテリー管理システムと協力して、家庭用エネルギー貯蔵システムの寿命を10年以上に保つことができる場合は、次の考慮事項に従って適切なエネルギー貯蔵バッテリーとタイプを選択することが特に重要です。

適切なバッテリータイプを選択してください

電池にはたくさんの種類があります。その中で、鉛蓄電池とリチウム電池が現在最も広く使用されているタイプです。しかし、電池のコストが下がるにつれて、リチウム電池はより多くの人々の選択になりました。

鉛蓄電池は、電池のマイナスおよびプラスの活物質として鉛と二酸化鉛を使用し、電解質として希硫酸を使用する化学エネルギー貯蔵装置です。現在、鉛蓄電池は初期コストが低いため、通信基地局のバックアップ電源など、充電と放電の頻度が低いプロジェクトで広く使用されています。

同時に、鉛蓄電池の容量密度が低く、電池寿命が短く、自己放電率が高く、サイクル寿命が短いため、鉛蓄電池はエネルギー貯蔵用途や電気自動車での割合が徐々に減少しています。

リチウム電池は、負極材料としてリチウム金属またはリチウム合金を使用し、非水電解液を使用します。高エネルギー、長寿命、軽量など多くのメリットがあります。これらは、水力、火力、風力、太陽光発電所などのエネルギー貯蔵電力システムで広く使用されています。

鉛蓄電池と比較して、リチウム電池には、高効率、長いサイクル寿命、正確な電池データ、および高い一貫性という利点があります。電池技術の発展とコストの急激な低下により、リチウム電池は家庭用エネルギー貯蔵プロジェクトの主流の選択肢となり、新しい化学電池の市場シェアは95%以上に達しました。

実際の使用に応じてバッテリー容量を選択してください

さまざまなアプリケーションシナリオでのバッテリー設計のアイデアは異なります。通常、3つの一般的なアプリケーションシナリオがあります。自発的な自己使用(より高い電力コストまたは補助金なし)、ピークおよびバレーの電力価格、およびバックアップ電源(グリッドが不安定または重要な負荷がある)です。

(1)自発的な自己使用

家庭の1日の平均消費電力(kWh)に応じてバッテリー容量を選択します(デフォルトの太陽光発電システムには十分なエネルギーがあります)。

(2)山と谷の電気料金

ピーク時の総消費電力に基づいて、バッテリー容量の最大需要値を計算します。次に、太陽光発電システムの容量と投資のメリットに応じて、この間隔で最適なバッテリー電力を見つけます。

(3)待機電力

その中で、オフグリッド時の総消費電力とオフグリッドの推定時間は最も重要なパラメータです。必要なバッテリー容量は、1日を通して最も長い連続停電期間中の最大電力負荷電力と電力消費量に応じて最終的に決定されます。

GARAYEによって設計および製造された家庭用エネルギー貯蔵システムは、高品質のリン酸鉄リチウムバッテリーパックを選択し、パフォーマンスと耐用年数の点である程度の保護を提供する大容量バッテリー容量設計を採用しています。上記を読んだ後、家庭用エネルギー貯蔵についてもっと知りたい場合は、包括的な解決策についてお問い合わせください。

優れた研究開発能力により、当社はリチウム電池エネルギー貯蔵システムの大手メーカーの1つになりました。当社は多数の発明特許を取得しており、お客様に高品質で安全な製品を提供するための完全な品質検査システムを確立しています。私たちは常にお客様に安全で軽量、そして耐久性のあるグリーンエネルギー製品を最も行き届いたサービスで提供します。家庭用エネルギー貯蔵システムを購入したい場合は、すぐにご連絡ください。