エネルギー貯蔵リチウム電池と電力リチウム電池

エネルギー貯蔵リチウム電池と電力リチウム電池

概要

アプリケーションのシナリオやさまざまなパフォーマンスに関係なく、エネルギー貯蔵リチウム電池とパワーリチウム電池は大きく異なります。この記事では、エネルギー貯蔵リチウム電池とパワーリチウム電池の違いを具体的に紹介します。

エネルギー貯蔵リチウム電池とパワーリチウム電池の違い。

エネルギー貯蔵リチウム電池とは、主に太陽光発電設備、風力発電設備、再生可能エネルギー貯蔵エネルギーに使用されるリチウム電池パックを指します。パワーバッテリーとは、電力容量と出力電力が大きい電源のことです。パワーバッテリーは、ツールの電源を提供する電源です。新エネルギー車の動力源は、一般的に主にパワーバッテリーです。エネルギー貯蔵リチウム電池とパワーリチウム電池の違いは次のとおりです。

異なるバッテリー容量

新しいバッテリーの場合は、放電計を使用してバッテリー容量をテストします。一般的に、パワーリチウム電池の容量は約1000-1500mAhです。エネルギー貯蔵リチウム電池パックの容量は2000mAhを超えており、3400mAhに達するものもあります。

さまざまなアプリケーション業界

パワーリチウムバッテリーは、電気自動車、電動自転車、電動バイク、電気機器、工具の電源を駆動するためのバッテリーとして使用されます。送電および変電所で使用され、電力ユニットに閉鎖電流を供給します。

エネルギー貯蔵リチウム電池パックは、主に水力、火力、風力、太陽光発電所などのエネルギー貯蔵発電所、ピークおよび周波数変調電力補助サービス、デジタル製品、電力製品、医療およびセキュリティ、UPS電力で使用されます用品。

バッテリー管理システムBMSの場所が異なります

エネルギー貯蔵システムでは、エネルギー貯蔵リチウム電池は、高電圧でのみエネルギー貯蔵コンバーターと相互作用します。コンバーターはACグリッドから電力を受け取ってバッテリーパックを充電するか、バッテリーパックがコンバーターに電力を供給し、電気エネルギーはコンバーターを介して変換されます。コンバーターはACに変換され、ACグリッドに送信されます。

電気自動車のパワーリチウム電池のBMSは、高電圧で電気モーターおよび充電器とエネルギー交換関係にあります。通信に関しては、充電プロセス中に充電器との情報相互作用があり、アプリケーションプロセス全体で、車両コントローラーと相互作用します。最も詳細な情報交換があります。

使用する電池の種類

エネルギー貯蔵リチウム電池エネルギー貯蔵発電所は、安全性と経済性を考慮して、リチウム電池パックを選択する際にリン酸鉄リチウム電池がよく使用され、より多くのエネルギー貯蔵発電所が鉛酸電池と鉛炭素電池を使用します。パワーリチウム電池電気自動車の現在の主流の電池タイプは、リン酸鉄リチウム電池と三元リチウム電池です。

パフォーマンスとデザインは同じではありません

パワーリチウム電池は、充電と放電の電力やその他の側面に重点を置いており、高速充電率、高出力電力、耐振動性を必要とします。特に、長持ちする電池寿命と重量の観点から軽量要件を達成するために、より高い安全性と高エネルギー密度を強調します。音量。

エネルギー貯蔵リチウム電池の準備は、電池容量を強調し、特に動作の安定性と耐用年数を必要とします。バッテリーモジュールの一貫性を考慮してください。電池材料に関しては、全体的な貯蔵を追求するために、膨張率とエネルギー密度、および電極材料の性能の均一性に注意を払う必要があります。エネルギー機器の長寿命と低コスト。

RENONは、多くの分野で使用されている、サイクル寿命が長く、性能に優れた高品質のエネルギー貯蔵リチウム電池を提供しています。上記を読んだ後、エネルギー貯蔵リチウム電池についてもっと知りたい場合は、私たちに連絡して専門家のアドバイスを得ることができます。

リチウム電池エネルギー貯蔵システムの専門メーカーとして、私たちは複数の発明特許と経験豊富な製造チームを持っています。私たちの専門の生産チームと厳格な品質管理システムは、製品のすべての詳細を処理する際に厳格な品質管理を実施しました。また、思いやりのあるワンストップサービスを提供し、お客様のニーズに応じた効果的なソリューションを策定します。リチウム電池にご興味のある方は、すぐにご連絡ください!