リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムの動作原理

リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムの動作原理

概要

リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムは、耐用年数が長く、環境に非常に優しいものです。この記事では、リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムの動作原理を具体的に紹介します。

リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムの動作原理

リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムは、リン酸鉄リチウム電池パック、電池管理システム(BMS)、コンバーター装置(整流器、インバーター)、中央監視システム、および変圧器で構成されています。以下は、リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムの動作原理です。

エネルギー変換の原理

充電段階では、断続的な電源またはグリッドがエネルギー貯蔵システムを充電し、交流電流が整流器を介して直流に整流されて、エネルギー貯蔵バッテリーモジュールを充電し、エネルギーを貯蔵します。

放電段階では、エネルギー貯蔵システムがグリッドまたは負荷に放電します。エネルギー貯蔵バッテリーモジュールのDC電力は、インバーターを介してAC電力に変換されます。中央監視システムは、インバーター出力を制御して、グリッドまたは負荷に安定した電力出力を提供します。

充電と放電の原理

リン酸鉄リチウム電池の充放電反応は、LiFePO4とFePO4の間で行われます。充電プロセス中に、LiFePO4はリチウムイオンから徐々に分離してFePO4を形成します。放電プロセスでは、リチウムイオンがFePO4に挿入されてLiFePO4を形成します。

リチウム電池を充電すると、リチウムイオンがリン酸鉄リチウム結晶から結晶の表面に移動します。電界力の作用により、電解質に入り、ダイヤフラムを通過し、電解質を通ってグラファイト結晶の表面に移動し、グラファイトに埋め込まれます。

同時に、電子は導体を通って正極のアルミ箔コレクターに流れ、電池の正極、外部回路、負極、負極を通過し、グラファイト負極に流れます。導体を介して、負極の電荷がバランスをとるようになります。リチウムイオンがリン酸鉄リチウムから脱インターカレートされた後、リン酸鉄リチウムはリン酸鉄に変換されます。

リチウム電池を充電すると、リチウムイオンがリン酸鉄リチウム結晶から結晶の表面に移動します。電界力の作用により、電解質に入り、ダイヤフラムを通過し、電解質を通ってグラファイト結晶の表面に移動し、グラファイトに埋め込まれます。

同時に、電子は導体を通って正のアルミニウム箔コレクターに流れ、電池の正電極、外部回路、負電極、および負電極シートを通り、次に導体を通ってグラファイトの負電極に流れ、電荷のバランスを取ります。負極の。リチウムイオンがリン酸鉄リチウムから脱インターカレートされた後、リン酸鉄リチウムはリン酸鉄に変換されます。

RENON社製のリン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムは、サイクル寿命が長く、性能に優れており、さまざまな分野で使用できます。上記を読んだ後、リン酸鉄リチウム電池のエネルギー貯蔵システムについてもっと知りたい場合は、私たちに連絡することで専門的な解決策を得ることができます。

私たちは、リチウム電池エネルギー貯蔵システムのソリューションおよび製品サプライヤーです。当社は多数の発明特許を取得しており、安全で軽量、かつ耐久性のあるグリーンエネルギー製品をお客様に提供することをお約束します。リチウム電池エネルギー貯蔵システムの関連ソリューションを知りたい場合は、すぐにご連絡ください!