9リチウム電池エネルギー貯蔵システムの使用

9リチウム電池エネルギー貯蔵システムの使用

概要

リチウム電池エネルギー貯蔵システムに対する現在の市場の需要は比較的大きく、大規模なエネルギー貯蔵システムの適用において幅広い展望があります。この記事では、バッテリーエネルギー貯蔵システムの9つの使用法を具体的に紹介します。

リチウム電池エネルギー貯蔵システムの9つの用途

リチウムイオン電池技術の開発と応用は熱く、市場の需要は増え続けています。その重要な用途の1つとして、小型の家庭用エネルギー貯蔵、大規模な産業用および商業用エネルギー貯蔵、超大型のエネルギー貯蔵発電所などのバッテリーエネルギー貯蔵システムが登場しました。以下は、 リチウム電池エネルギー貯蔵システムの9つの用途です。

1.新エネルギーグリッド接続の需要。電力品質の向上、フラットウェーブを含みます。発電曲線予測と組み合わせた新エネルギー発電計画の追跡。新しいエネルギーが発電を続けることができるように、ピークシェービングとバレーフィリング。太陽光発電と風力発電を組み合わせることで、電力出力をスムーズにし、グリッド受け入れ率を高め、新エネルギーを最大限に活用し、有害ガスの排出を削減します。

2.負荷曲線を調整し、山を切り、谷を埋め、配電設備と送電線の利用率を向上させます。

3.電力網の周波数調整に参加して、大規模な電力網の電力供給レベルを改善します。

4.マイクログリッドの重要な部分として、それは人々の生活上の問題を解決し、いくつかの地域での電力供給の質を改善します。

5.スマートグリッドの重要な要素。

6.特別な場所(太陽光発電所、災害現場、地下鉄駅、空港ターミナル、軍事基地、および無停電電源装置を必要とするその他の場所)。

7.リチウムイオン電池は、何度もすばやく充電・放電が可能で、高密度の特性を備えています。彼らは市の電波トラフ期間中に電気を蓄えます。電波のピークが来ると、蓄えられた電力がデータセンターに送られ、電力網のピーク圧力が低下します。この機能は、グリーン省エネとPUEの両方に大きく貢献し、PUEとTCOに関する政府とデータセンターのユーザーの二重の要件を満たすことができます。

8.分散型エネルギー貯蔵は、工場や建物のピークシェービングとバレーフィリングに使用されます。

9.スタンバイ電源。

リチウムイオン電池エネルギー貯蔵システムは、分散型発電およびマイクログリッドシステムにおける電気エネルギー貯蔵、ピークシェービングおよびバレーフィリング、および新エネルギー出力変動の抑制の機能を実現します。バックアップ電源や家庭用エネルギー貯蔵システムの分野で優れた用途があります。上記の内容を読んだ後、リチウム電池のエネルギー貯蔵システムについてもっと知りたい場合は、より詳細な解決策についてお問い合わせください。

リチウム電池エネルギー貯蔵システムの専門サプライヤーとして、私たちは最先端の技術と豊富な製造経験を持っています。安全で高品質な製品を提供するために、完全な品質管理システムを確立し、基準に厳密に従って製造しています。私たちの専門的な管理チームは、思いやりのあるワンストップサービスと優れたソリューションを提供することもできます。当社のリチウム電池エネルギー貯蔵システムにご興味がおありでしたら、すぐにお問い合わせください!