エネルギー貯蔵システム(ESS)の充電と放電をどのくらいの頻度で計画する必要がありますか

エネルギー貯蔵システム(ESS)の充電と放電をどのくらいの頻度で計画する必要がありますか

RENONリチウム電池は、ユーザーが高い投資収益率を確保できるように、日常的に使用できます。 ESSを使用していないときは、エネルギー損失を防ぐために6か月ごとに再充電することをお勧めします。